スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUBOX mini ~KBOX Mini編~

こんにちは

今回は、私がvapeをはじめたとき「最強のスターターキット」と呼ばれていたSUBOX miniのKBOX mini編を記録します。
本当は付属のSUB TANK miniも一緒にするつもりでしたが、使用中につき分解不可のため分けます。
ちなみに発売から時間がたち最強とは言えなくなってきましたが、十分おすすめのスターターキットだと思います。

SUBOX 1
本体色は「白+黒」と私の「黒+赤」の2種類。
サイズは高さ82mm×幅 39mm×奥行き 22mmで、重さがバッテリー抜きで約110g、バッテリー込みだと155gくらいでしょうか。
本体はアルミ製で、ボタン部分のみプラ製です。
正面下に見えるように、マイクロUSBにて直接充電が可能です。

サブオーム対応のVW機能BOXMODで、
○ワット管理幅 : 7w ~ 50w
○対応抵抗値 : 0.3Ω以上
標準的な抵抗値であれば十分利用できます。
ちなみに温度管理機能は搭載されておりません。

SUBOX 2
SUBOX 3
バッテリーは裏面に18650が1本入ります。
ちなみに+が下、-が上の向きで入れるのですが、-側のピンがスプリングで伸縮するのである程度電池の個体差は吸収できるようです。
たぶんニップルトップタイプの電池も入るかとは思うのですが、予想以上に詰まるのでフラットトップが安定でしょうか。
バッテリー蓋にはロゴの形をしたベントホール付き、上下のマグネットで固定するのですが、蓋自体は上下どちら向きでも取り付け可能でした。
ちなみにベントホールから電池が見えるのですが、わざわざ色を合わせるシールが付属しているのが面白いです。
しかも4枚も付いてるし。
SUBOX 4
底面にはくぼみがあるので蓋がはずしやすいです。

SUBOX 5
接続は510のコネクタピン調整機能は無いようです。
上下のスリットつきで、コネクタ吸気タイプのアトマも利用可能です。

SUBOX 6
画面はこんな感じで、アトマイザーの抵抗値・ワット数・プッシュ中は出力V値とプッシュ時間が表示されます。

ただ、個人的に気に入らない点がありまして、アトマイザーの抵抗値が0.1単位でしか表示されない
 →BOXMODについている抵抗値測定はどうしても誤差がでます。が、抵抗値0.01単位を四捨五入されると、もともとのズレとあいまって結構違う値が出ることがあります。所詮0.1とか違う程度ですが、せっかくRBAユニット換装できるSUBTANK miniが付いてるんだからもう一桁ほしかった。

後はSUBTANK miniが、温度管理コイルは出るわ高抵抗と低抵抗のプリメイドコイルはあるわRBAユニット換装可能だわベルキャップとかショートタイプに変更できるとか優秀で、KBOX miniの影薄いんですよね・・・
むしろSUBTANK miniが優秀すぎるのか。

とはいえ、ほかに愛機を手に入れたとしても十分サブとして使える性能があるので、すばらしいスターターキットであることは間違いないですね。
関連記事

trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

コースケ

Author:コースケ
2015年10月22日からvape沼に入りました。
色々と機材をレビューしていきますが、素人なので話半分で見てください。
クリアロ大好きテクニカルMOD大好きです。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。