スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AmerPoint RDA 「Nectar Micro steel」 ~ファーストインプレッション~

こんにちは。
今回はAmerPointブランドのRDA「Nectar Micro steel」のファーストインプレッションを記録します。

実際に使用した後のレビューは、更新次第以下にリンクします。
→使用してみて・・・(未リンク)

購入先はVAPECHK様です。

RBAはいくつか所有していますが、ビルドがダメなのかわかりませんが、まったくおいしいと感じることがありませんでした。
ついでに言うとデュアルコイルが面倒で、特に3本ポールとかになると「真ん中うまいこといかねーよ」みたいな・・・
で、シングルコイル対応かつ味が良いとうわさの物をいくつか物色した結果、候補に入ったのがNectar/K.Loud+G/PICOの3種類だったのですが・・・
はじめはPICOのつもりだったのが、RTAではリキッドが合わなかったときの消費が絶望的なので却下。
K.Loud+Gはジェネシス対応でちょっと敬遠した結果、Nectarを選択することになりました。
結局K.Loud+Gも購入したのですけども・・・

ネクター (9)
すでに持っている人は違和感あると思いますが、デザインが変わっています。

ネクター (10)
これが以前のデザインですが、単なる溝がよりヒートシンクっぽくなり、肩から首の部分が滑らかになった上にヒートシンクが付いています。
どちらが良いかは個人の好みなのですが、昔のほうがいいなら早めに手に入れたほうが良いかもしれません。



○基本性能 
  1. サイズ : 高さ約22.8mm(ドリチ接続部含む)※スレッド除く × 半径22mm
  2. 重量 : 33g
  3. タンク素材 : ステンレス
  4. コネクタ : 510スレッド(固定式)
  5. ドリップチップ : 510規格(交換可)
  6. エアフロー : 2mm(ボトムフロー)
  7. タンク容量 : 1.6ml


○付属品 
ネクター (3)
付属品はシンプルに、六角レンチと交換用のシリコンリングだけです。
できれば六角ネジの予備をつけていただきたいところです。
ちなみにドリップチップは付属していませんので、別途用意しましょう。


○特徴 
ネクター (4)
ポジティブピンの部分に六角ネジがありますが、これはタンク部分解用です。
ただ付属の六角レンチは微妙にサイズが合わず、おそらく無理にまわすとなめます。
メーカーとしても分解非推奨らしいので、合致する六角もありませんしここはおとなしく分解しないことにします。

ネクター (5)
左右の六角ネジ式コイル固定ポール、中心のエアホール、エアホールに並ぶ形でウィックホールとその横にリキッド充填用ホールがあります。

ネクター (7)
サイドにあるエアフローですがこの位置が絶妙で、タンク部分とデッキ部分の仕切りを通っています。
つまりデッキ部分とタンク部分が完全に分離しているので、同じボトムフロー式のRDAにあるようなリキッドチャージ時に漏れる可能性や、リキッド入れすぎてジュルジュルする可能性が限りなく低くなっています。

ネクター (8)
またエアフロー穴の部分はひし形にくぼんでおり、無段階とは言わないまでもキャップをまわすことでフロー調整が可能です。
まぁ、全開にしたところでドローは重めですけども。




ビルドは他のものより簡単な部類ですし、味が良いボトムフローでありながら漏れの可能性も少なく、なによりRDAでありながらリキッド保持量が多いとすばらしいRDAです。
すでに使用しているのですが、コレまで持っていたRDAが冗談のように味が出ます。


↓クリックいただけると励みになります
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

コースケ

Author:コースケ
2015年10月22日からvape沼に入りました。
色々と機材をレビューしていきますが、素人なので話半分で見てください。
クリアロ大好きテクニカルMOD大好きです。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。