スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COIL Master 多機能Ωメーター 「521Tab」

こんにちは。
聖なる前夜に毛布を猫のゲロでやられたコースケです。
本日は聖なる夜当日ですが、一人さびしくケーキを食べていますリア充爆発すればいいのに。

閑話休題、今回はCOIL Masterブランドの多機能Ωメーター・・・というかリビルド台 「521Tab」を記録します。
まさかのタイミングでVape Beginner様にて同系統の「Digital 521 Tab Coil Master」が紹介されておりますので、むしろそちらが気になってしかたありません。

購入先はぬるしぐ様です。

521tab (3)
どことなくターンテーブルを思わせる外見ですが、大きく見えるものの実際は小さめです。
本体はプラ製のようですが、表面の加工のおかげ安物くさくはありません。


○基本性能 
  1. サイズ : 高さ49.5mm × 幅84.5mm × 奥行69.5mm
  2. 重量 : 125g(バッテリー込み168g)
  3. バッテリー : 18650 × 1本
  4. コネクタ : 510スレッド(スプリング式)
  5. コネクタ吸気 : 未対応
  6. 充電機能 : マイクロUSB


○付属品 
521tab (5)
本体/ボルテージチェックアダプター/説明書/充電用マイクロUSBケーブル/ダッククリップケーブル


○ボタンなど 
521tab (7)
この写真で正面上にある山がファイヤボタン、手前のスイッチが切り替えボタンです。
左に倒すとドライバーンモード、右に倒すとオームメーター+ボルテージメーターモード、真ん中で電源OFFです。
基本は電源は切り状態にしておきましょう。


○保護機能 
  1. 短絡保護
  2. バッテリー逆装保護
  3. 15秒通電遮断


○機能 
  1. リビルド台機能
  2. ある程度重量があるので、固定してしまえば簡易のオームメーターよりかなりリビルドしやすいです。

  3. Ωチェック機能(0.01~9.99Ω)
  4. 521tab (11)
    このためにリビルドしてもよかったんですが、手元にコットン抜いたisubコイルがあったので使用してみました。
    公称0.5Ωで0.48ですから誤差の範囲でしょうか?他のオームメーターでも大体同等の数値が出ましたので、誤差は±0.02Ωほどかと思います。

  5. MODボルテージチェック機能(0.3~9.99V)
  6. 521tab (14)
    付属のボルテージチェックアダプターをデッキ穴に差し込むように・・・
    521tab (15)
    こうすると、ボルテージチェックが可能です。
    521tab (16)
    あとはこんな感じでMODを接続してMODの通電ボタンを押すと・・・
    521tab (17)
    こんな感じで表示されます。
    このアダプターはスレッド周りが空いているので、たいていのMODは接続できると思います。
    もし接続できないものがあっても、
    521tab (18)
    こんな感じで付属のダッククリップケーブルを差し込むと、形状を気にせずに測定が可能です。

  7. ドライバーン機能
  8. 521tab (10)
    スイッチを切り替えると、左下のLEDが青く点灯し、画面に入れた電池の出力が表示されます。
    この状態でアトマイザーを差し込んでファイヤボタンを押すと、
    521tab (13)
    はい、ファイヤー!
    この状態でもボルテージチェックアダプターは接続でき、メカニカルMODなどを接続して通電させることも可能です。

  9. 擬似メカニカルテーブルMOD機能
  10. 要は4番の機能を使えばテーブル据え置き型MODとして使用できますよ、ということですが、こいつはあくまでテクニカルではなく擬似メカニカルMODです。
    確かにある程度の保護機能は付いていますが本格的なテクニカルより信用性は低いですし、メカニカルとしてもシンプルさが無いので微妙な気がします。



○諸々詳細 
521tab (6)
裏面はマグネットで固定されており、バッテリーの取り外しは日所に容易になっています。
ベントホールは空いていませんが、ガスが噴出した際は裏蓋が吹き飛ぶでしょう。

521tab (1)
側面にマイクロUSBの差込があります。
充電は750mAhなので、別の充電器で電池だけ充電することをお勧めします。

521tab (8)
コネクタ部分はもちろん510規格ですが、見ての通り溝がありません。
つまり、コネクタ部分の吸気アトマが使用できませんのでご注意ください。

521tab (9)
電源を入れると光ります。
特に意味はありませんが、コレを見るとやはりターンテーブルにしか見えません。



リビルドデッキとしては、Ω確認しながらドライバーンもできて非常に便利です。
不安定なMOD上より圧倒的に安定しますし、リビルド台としてはとても優秀だと思います。
ただ特徴にテーブルMOD機能とか書いてありますが、テクニカルとしての豊富な保護機能も調節機能もなく、メカニカルとしてのシンプルなメンテナンス性もない中途半端なこいつをMODとして使う利点は一切無いと思います。

Ωメーターとドライバーンができる光るリビルド台・・・光る意味はあるのでしょうか?


↓クリックいただけると励みになります
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

コースケ

Author:コースケ
2015年10月22日からvape沼に入りました。
色々と機材をレビューしていきますが、素人なので話半分で見てください。
クリアロ大好きテクニカルMOD大好きです。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。